ポリスチレンの特徴
ポリスチレンの主な用途
ポリスチレン製品が出来るまで
ポリスチレンの需要と供給
プラスチックのリサイクル
ポリスチレンのリサイクル
ポリスチレンやABS樹脂等の
プラスチックやゴム・塗料の原料となる化学物質です。
ポリスチレンは原油・ナフサを原料としたスチレンモノマーを重合させて作られるプラスチック樹脂です。
ポリスチレンの特長
透明性が良い
GPPSは透明性に優れています。
衝撃強さと堅さのバランスがとれている
HIPSは耐衝撃性と剛性のバランスがとれており、各種外装材として使用されています。
形を作りやすい
ポリスチレンは熱に比較的安定で、成形時の寸法安定性も優れているため、
成形加工しやすい材料です。
電気を通さない
ポリスチレンは電気を通さないので、特別な処理を行わなくても、電気製品の
外装材や絶縁部品として使用できます。
無味無臭である
ポリスチレンは無味無臭であるため、食品の包装材に適しています。
発泡させやすい
発泡させることで、軽量で断熱効果が高くなるため、食品容器や断熱材に
適しています。また衝撃を吸収するため、緩衝材(発泡スチロール)として使用できます。
リサイクルしやすい
ポリスチレンは、その性能が変化し難いので、リサイクルしやすい材料のひとつです。
Copyright(C) Japan Styrene Industry Association All Rights Reserved. 会員ページ