【インジェクションブロー成形】
(1) 成形の原理
  • 射出成形により試験管状の有底パリソ(プリフォーム)を成形します。
  • プリフォームが固化する前に最終形状金型に嵌めて空気を吹込み膨らませて金型に密着させ冷却固化させます。
  • 射出吹込み成形とも呼ばれます。
(2) 特徴
  • 中空形状の成形品を作製するのに適しています。
  • ダイレクトブロー成形に比べ、寸法制度に優れ/バリ取り等の後工程がなく/延伸効果が高いため製品強度に優れます。
  • 比較的、小型の製品に適しています。
(3) 主な用途
  • ボトル(乳酸菌飲料容器) 等
類似の成形方法として、延伸ロッドで伸ばしながら空気を吹込み成形する、射出延伸ブロー(吹込み)成形もあります。


閉じる