マテリアルリサイクル
廃プラスチックをプラスチックのまま原料にして、新しい製品を作るリサイクル技術のことを言います。容器包装リサイクル法、家電リサイクル法などが施行されたことにより、これまでの主に工場から出る産業系廃プラスチックに加えて、課程や店舗、事務所などから出る使用済みプラスチックもマテリアルリサイクルの対象になっています。

ケミカルリサイクル
再資源化手法の一つで、回収した廃プラスチックを熱分解して、様々な化学原料として再利用する技術です。

サーマルリサイクル
廃プラスチックから熱エネルギーを回収し利用する技術を言います。サーマルリサイクルには容器包装リサイクル法で認められた、油化、ガス化のほかにゴミ焼却熱利用、ゴミ焼却発電、セメントキルン原料化、ゴミ固形燃料などがあります。

閉じる