ポリスチレンのリサイクル手法
1.マテリアルリサイクル

ポリスチレン製品のマテリアルリサイクルの流れ

同一製品として再利用
・スーパーなどの店頭で回収した白色発泡ポリスチレンシート(PSP)トレーはトレーメーカーのリサイク

・回収した複写機からポリスチレン製部品を取り出し、洗浄/粉砕/ペレット化して同一部品として再生利用しています。

他の製品として再利用
PSPや断熱材に使われる押出発泡シートなどでは、回収されたものの一部は圧力をかけて容積を減らし、インゴットと言われる塊にします。このインゴットはカセットケースや文具などに再生使用されます。
又、テレビなどの家電製品から回収したポリスチレン製部品を同じテレビなどの他の分品として再生使用することも行われています。

2.ケミカルリサイクル

ポリスチレン製品のマテリアルリサイクルの流れ
スチレンモノマーとして再生利用
回収したポリスチレンから熱分解により、スチレンモノマーを再生する実験用プラントが建設され、実証運転されています。高純度のスチレンモノマーが回収されるのでこのモノマーを重合すればポリスチレンとなります。

製鉄用原料
製鉄では高炉での鉄鉱石の還元剤としてコークスおよびコークス製造時に発生する水素や一酸化炭素を使用しています。
ポリスチレンを含むプラスチック廃棄物は石炭と共にコークス炉に投入するか、又は直接高炉に投入して、高炉還元剤として使用されています。

3.サーマルリサイクル
ポリスチレンは他のプラスチックと同じように燃焼カロリーが高く、燃料として使えば効率の高い材料です。

閉じる