【ポリスチレンがリサイクル性に優れるのはなぜ?】

ポリスチレンは他のプラスチックと比べると、熱をかけたり溶かしたりするときに壊れにくい特別な性能(道具)を持っているためです。

まえおき)
ポリスチレンは、『スチレン』という小さな物質(分子)がお互いに手をつないだもの(分子鎖)がたくさん集まって出来たものです。

★ すちれん君 ★
水素の帽子をかぶり、大きくて重たい「魔法の」ペンダントをブラさげています。

より実際はこんなイメージです。
ペンダントはぶつかるので横を向いてます。

※皆でウェーブしている訳ではありません。
この『分子鎖』がたくさん集まったもの
がポリスチレンです。





1)プラスチックは熱をかけたり溶かしたりすると、プラスチックの中で次のようなことがおき、分子鎖の途中から壊れていきます。

【友情出演】

★ ぷろぴれん君 ★
規則正しく並び易い性格です。


★ぱーおきさいど君★
熱により発生してプラスチックに近づき、帽子を取るのが得意!
※活性酸素とは従兄弟?!の関係


例)ポリプロピレン
帽子が取られると、隠していたラジカル『』がみえてしまう。
つないだ手を離して隣りから帽子を取ってラジカルを隠そうとするため、
分子鎖が切れてプラスチックは『分解』する。





3)ポリスチレンも同様なことがおきますが、次のような特別な性能を持っているため、分子鎖の
  途中から壊れることはそれ程ありません(全く壊れない訳ではありません)。

(1)ペンダントが大きいため、帽子まで
 近づけません。

( 2)魔法のペンダントの特別なチカラで帽子
 が無くてもある程度ガマン出来ます。
そのため、リサイクルしてもあまり壊れないので、
リサイクル性に優れていると言えるのです。
ただし、一番端はペンダントの特別なチカラが弱く、ガマンできません。

閉じる