樹脂の説明

熱可塑性樹脂
加熱により溶融し、冷却すると元の固体に戻る性質を示す樹脂で、この性質を利用して容易に成形することが可能です

熱硬化性樹脂
加熱による化学反応で固化し、一度固化すると溶融せず固体のままとなる性質を示す樹脂で、耐熱性や耐薬品性に優れています

非晶性樹脂
物質を構成する分子の配列に規則性がない樹脂であり、成形時の寸法安定性に優れています

結晶性樹脂
物質を構成する分子の一部が規則的に集まった樹脂であり、分子の結合が強く、耐薬品性や機械的強度に優れています
閉じる