発泡PSトレー製造のエネルギー消費量
私たちが使用する製品が、どの程度環境にやさしいか?を調べるために、原料の採取から工場での製造、加工を経て、廃棄されるまでに必要なエネルギーを計算する方法があります。

この手法を、LCA(Life Cycle Assessment)といい、これらのデータを集計し、明細表としたのが、LCI(Life Cycle Inventry)です。

ポリスチレン製品の中でも、発泡ポリスチレンは食品容器に多く使われていますが、軽くて強いという性質があり、紙製品と比較しても、最終製品を作るまでのエネルギーが小さい結果となっています。

発泡ポリスチレンのトレー(PSPトレー)を作るために必要なエネルギーをLCIデータから抜き出して比較したのが、下の図です。


図:トレー1000枚あたりのエネルギー比較

重量の比較(トレー1000枚分)    製品をつくるために必要なエネルギー

  PSPトレー 紙トレー
エネルギー 186MJ 595MJ
重量 4.4kg 21.9kg
(出典:社団法人 プラスチック処理促進協会)
報告書「プラスチックなどの包装材料の環境影響評価(LCA)」1995年3月



表 : PSPトレーの環境影響 (LCIデータ)
PSPトレー製造に関するLCIデータです。
紙トレーとの比較でエネルギー消費、大気汚染物質の排出量が共に低く、環境にやさしい結果となっています。


  PSPトレー 紙トレー
重量 4.4kg 21.9kg
天然資源 原油
4.4kg
原木
11.4kg
補助材料   古紙
17.7kg
エネルギー
消費
186MJ 595MJ
大気汚染物質    
CO 13.0kg 41.8kg
NO 0.0077kg 0.0439kg
SO 0.122kg 0.298kg
1,000枚あたりのトレーでの比較
(出典:社団法人 プラスチック処理促進協会)
報告書「プラスチックなどの包装材料の環境影響評価(LCA)」1995年3月